男の人

投資初心者はセミナーに参加して投資に関する知識を学ぼう

ゲーム感覚で学べる

電卓と硬貨

ビジネス書の名著「金持ち父さん貧乏父さん」の著者で知られるロバート・キヨサキが開発したキャッシュフローゲームは、ゲーム感覚で金銭の管理を学ぶことができるため、世界中で大きな反響をもたらしました。金銭管理や資産運用に関する知識が無い人はキャッシュフローゲームを利用することで、知識を身に付けることが可能です。キャッシュフローゲームには「貸借対照表」や「損益計算書」といった簿記用語も出てくるため、金融の大まかな流れが把握できます。ゲームを通じて、お金や貯金に対する意識が高まりますので、金銭管理に自信がない人にはオススメです。また、キャッシュフローゲームは子ども向けの商品を多数販売されています。そのため、子どもに早い段階で、お金に関する教育ができるのです。金銭などの管理意識というものは、早期教育を行なうことが大切だとされています。しっかりとした金銭感覚を身につけるためにも、キャッシュフローゲームは効果的でしょう。ロバート・キヨサキの金持ち父さんシリーズでは、ファイナンシャル・インテリジェンスの必要性を記述していることが多いです。ファイナンシャル・インテリジェンスとは、「会計力」「投資力」「市場の理解力」「法律力」の4種類に分かれており、これらを意識した金銭管理を行なうことで、資産額が増やせるとされています。このような、一見難解に思える項目もキャッシュフローゲームでは、楽しく学ぶことができるのです。